読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の生活にスポーツを

スポーツを観たりやったり調べたり

2016 NFL Power Rankings Week8

NFL スポーツ観戦

休み明けのバイキングスがイーグルスに負けたため、全勝のチームはなくなった。
1敗のチームは4つで、ペイトリオッツカウボーイズバイキングス、シーホークス

正直言って、バイキングスとカウボーイズはエースQBが怪我で試合に出られなくなったにもかかわらず、素晴らしい結果を残している。

こうやって、世代交代が進んでいくなぁとブレッドソーのことを思い出した。プロスポーツ選手にとって、怪我は恐ろしい。

今週もエリオット・ハリソン氏のパワーランキングから紹介。

 

Week8パワーランキング1位はペイトリオッツ

1位 ペオトリオッツ 61

ブレイディが戻ってから3連勝。オフェンスが目立って素晴らしい。3rdダウンコンバージョンが7/12と高確率なのは特筆すべき数字だ。
また、半に入ってからコーチ陣のアジャストが的確だ。オフェンスコーディネイターのジョッシュ・マクダニエルズはまたヘッドコーチのオファーが来るにちがい無い。
天才だもの。

 

2位 バイキングス 51

1位チームの呪いは続いていた(笑)。
この5週間で4回も1位に着いたチームが負けている。
イーグルスと同様、勝ち続けて調子が良く、けが人も多く無い状態で休み(bye)が来ると調子が狂うようだ。

 

3位 カウボーイズ 51

今週はお休みで先週と順位は変わらず。

 

4シーホークス 411

今週のシーホークスvsカーディナルスは凄い試合だった。何が凄いって4クオーター60分戦って、お互いにFG1本ずつの3−3
正直言ってディフェンスがいいのか、オフェンスが悪いのかもうわからない次元。
で、オーバータイムにはいってお互いにFG1本ずつ決めて6−6。さらにここから、プロなら99%入る距離のFGをお互いに1本ずつ外して、延長時間切れ。こんなゲーム見たこと無いや。

 

f:id:sports_life:20161027225328p:plain

 

今週注目は12位のスティーラーズ18位のテキサンズ

12位 スティーラーズ 43

Week3では1位になったスティーラーズも、呪いのせいかそのあとは13敗。
ロスリスバーガーも怪我で手術し、ランキングを急下降中。
レベオン・ベル抜きでもあれほど強かったスティーラーズでも、一度歯車が狂うと立て直すのは難しい。

こんなチームこそbyeが必要なのだが、実は丁度良いタイミングでWeek8はお休み。
ロスリスバーガーの復帰のためにも時間を稼げるのは幸運だ。
Week9は同地区のライバルであるレイブンズが相手なので、取りこぼせない。

 

18テキサンズ 43

このチームも出だしがよく、かなりきたいしていたのだが、J.J.ワットは怪我で出場できず、オフェンスもまずいプレーが続いている。

ブロンコスから高額契約で引き抜いたオズワイラーはいまいちなプレーを続け、その上オフェンスラインもスターターの怪我などで機能していない。
自分の中で期待が大きかっただけに、残念な結果だ。

Week9が休み(bye)なのであと1週がまんのしどころだ。

 

我が49ersは今週も負けた

30位 49ers 16

Week4にラインバッカーのナバーロ・ボウマンが負傷離脱してから、誰もラン攻撃を止めることができていない。
インサイドラインバッカーであるボウマンは、単にランストップ能力に優れているだけではなかった。
ディフェンスは彼の指揮のもと統率されてたわけで、現場指揮官がいなくなった今、誰も立て直すことができていない。

どうしようもない・・・